風景の良い戸建て 

同時に

外観の素敵な家

一戸建ての庭は、花や野菜を育てたり子供やペットの遊び場として使われることが多いです。もちろん、窓越しに眺めるためにきれいな庭をつくる人もいます。どんな使い方をするにしても、庭の計画は一戸建ての計画と同時に進行させなければいけません。同時に計画することで、それぞれのメリットを最大限に活かすことができますし、デメリットを解消させることもできます。 また、最近は二世帯住宅が再び増加しています。二世帯住宅ならば、親世帯と子世帯の居住空間が完全に分離していても、庭でつながるプランを検討するのもいいでしょう。新築一戸建てのバリアフリー化も進んでいますが、建物だけでなく庭も歩きやすいようにつくるのが基本です。

少し前までは、建物部分にはこだわるが、庭を含む外構にこだわる人はそこまで多くありませんでした。もちろん、適当に外構をつくっていたわけではありませんが、外構はできる限り工事費用がかからないようにしたいと言う人が多かったのです。 しかし、近年ではエクステリアをきれいに、そしておしゃれにしたいと希望する人が急速に増えてきています。一戸建ての庭のタイプは色々ありますが、基本的には和風か洋風の庭になります。とくに、洋風の庭をつくる人がかなり多いです。 現在では、建物が洋風であることがほとんどで、それに合うのはやはり洋風の庭です。洋風の庭の中でも、コニファーガーデンとイングリッシュガーデンが主流になっています。